title_地域づくり

事業概要

当公社は、従来の住宅・宅地の分譲事業地等から、やまがた創生に貢献する“新たな役割”として、人口減少の進展に伴う空き家の増加や、地域コミュニティの維持といった市町村が直面するまちづくりに関する課題について、これまで公的開発事業、公営住宅管理事業等の実績によるノウハウや資金力を活かし、県・市町村との協力連携を図った支援事業を行っていきます。

新たな役割

  • まちの再生を図るための支援(空き家対策)
  • 「子育て施設」「若者向け住宅」又は「市町村営住宅」の整備への支援
  • 市町村営住宅管理業務への支援
  • 人口減少・定住促進のための小規模宅地開発・分譲
  • すまい・まちづくりの「よろず相談窓口」開設
  公社事業2

地域づくり支援事業

1.老朽空き家の解体促進「まちの再生支援事業」

<概要>
市町村が老朽空き家の持ち主から空き家の寄付を受け、公社が空き家を解体し、跡地を宅地分譲します。(または、広場など「都市施設」としての活用も可能です。)

 

メリット
行政執行による解体に至るような難しい案件も、本事業で解決可能です。
市町村の空き家にかかる業務負担が軽減されます。
①公社が所有権移転、解体・整備・分譲に係る業務を一元的に実施します。
②事業費の一部に公社の資金を活用できます。(国の交付金を含む)
老朽空き家の解消により、まちなかの居住環境が整備され、居住促進につながります。

 

ビフォーアフター

 

老朽空き家の解体促進≪まちの再生支援事業≫について(PDF)

2.空き家を活用した住替え支援「移住・子育て世帯向け住宅供給」

<概要>
市町村の要請を受け公社が空き家を買取り、解体又はリフォームを行った後に移住・子育て世帯等に供給します。

 

メリット
市町村が進める子育て支援や若者定住が図られます。
空き家の解消により、まちなかの居住環境が改善されます。
市町村の空き家対策の推進が図れます。

 

空家イラスト-01

 

3.市町村の公共施設整備に対する支援「公社による整備事業代行」

<概要>
公社が市町村との協定に基づき、住宅関連施設を整備する事業です。市町村は、事業費を一括又は中長期間にわたり分割して返済します。返済期間は市町村と公社が協議により決定します。

 

メリット
施設の整備を公社に委託することにより、設計・発注・工事監理などの技術的業務の負担が軽減されます。
施設の整備費用を分割で返済いただくことにより費用の平準化をはかることができます。

 

山形市べにっこひろば

 

公共施設の整備支援≪子育て支援施設等の整備代行≫について(PDF)

4.市町村営住宅の管理業務支援

<概要>
管理業務(入居の資格審査、家賃算定、クレーム対応、家賃収納)などの業務を一括して代行します。
住宅の維持修繕及び大規模改修工事の技術的な検討を踏まえ、計画的に修繕を行えるよう支援します。

 

メリット
居住者対応などのサービス向上をはかることができます。
市町村における管理業務の負担を軽減することができます。

 

 

市町村営住宅の管理支援について(PDF)

5.人口減少地域での小規模宅地開発「地域コミュニティ維持」

<概要>
人口減少対策、地域活性化を目指している市町村の要請により若者定住促進に向けた郊外側小規模宅地開発を行うものです。

 

メリット
収益性が低く、民間宅地開発事業者の積極的な参入が見込めない地域において、公社が有する宅地開発のノウハウ等を活かして地域づくりの課題解決を支援します。

 

天童市山口地区

top