新着情報詳細

鶴岡市本町三丁目宅地販売のお知らせ                          まちの再生支援事業(公社)、中心市街地居住促進事業(市)

2016.09.01

鶴岡市では、中心市街地の指定区域内にある不良空き家について、所有者から寄付を受けて解体整地した土地を若者世帯や移住世帯に住宅用地として販売し、中心市街地への居住促進を図る事業を行っています。

山形県すまい・まちづくり公社では「まちの再生支援事業」により鶴岡市を支援しています。

 

物件の概要

  1. 所在地   鶴岡市本町三丁目9番32 外1筆
  2. 土地面積 146.66平方メートル  44.36坪  地目:宅地
  3. 分譲価格  326.8万円
  4. 建築条件 ・つるおか住宅活性化ネットワーク加盟事業者による「つるおか住宅」を建築すること(つるおか住宅とは、鶴岡産の木材を使用し、鶴岡市の建築業者による地産地消の住宅建築のこと) ・都市計画道路事業がかかった際の前面敷地(4.92㎡)について、セットバックして建築すること

 

申込者の資格要件(抜粋)

  1. 若者世帯、子育て世帯、または市外からの移住希望者世帯
  2. 自ら居住するための住宅を必要とし、土地の引き渡し後3年以内に住宅建築を完了し、かつ鶴岡市に住民登録ができる方
  3. 市税等徴収金の滞納がないこと。
  4. 申込者、同居者、同居しようとする親族が暴力団員等ではない方。  ほか、要件有り

※若者世帯とは、世帯主またはその配偶者のいずれかが40歳未満である世帯
※子育て世帯とは、小学校卒業前の子を含む世帯

 

受付期間

 

 先着順申込み受付中

 

「募集物件の概要」はこちらから

 

「募集案内」はこちらから

 

「分譲申込書」はこちらから

top